リアルクエスト愛鷹山 富士山に一番近い二百名山に登ろう!

こんにちは! 梅雨のせいか最近は山に行っても天気に恵まれないタクロス(@KTacross)です。

以前は梅雨中でも晴れることが多かったんですが、雨男になってしまったんでしょうか…?

今回は家族で箱根旅行の傍、静岡県の日本二百名山・愛鷹山に登ってきました!

1. 富士山に一番近い山

愛鷹山 - Wikipedia

愛鷹山は静岡県の東側にある日本二百名山のひとつで、標高1504mの越前岳を最高峰にいくつもの山頂を持つ山の総称です。

アシタカと聞くと、一般的にはジブリ映画「もののけ姫」の主人公を連想しますが、映画とは関係ありません。が、山名に”愛”がつくなんて、素敵だと思いませんか?

今年1月に富士山麓のスキー場・スノータウンYetiに遊びに行った際に撮影した愛鷹山の姿です。

本当に富士山のすぐ隣にそびえ立っていて、美しい富士山を拝むにはこの上ない立地に見えます。

以前、箱根の端にある金時山に登った時には曇りで富士山は拝めませんでしたが、愛鷹山ならきっと絶景が拝めるはず…!

今回は、家族での箱根旅行を兼ねながら、台風一過のタイミングを見計らって登山を決行することにしました。

2. 霧が濃くて何も見えない!

朝6時半に箱根の宿に家族を置いたまま出発し、十里木高原駐車場の登山口に到着したのが7:40頃。

箱根を出たときは濃霧でどうなることかと思いましたが、御殿場を過ぎると天気も回復し、登山口では青空が見えるくらいになりました。

…が、見上げると山頂は全く見えず!

少し登ったところにある自衛隊の電波塔?ですら、うっすらとガスがかかった状態でした。

とにもかくにも7:50、登山開始。

こちらの十里木高原コースは最も短時間で登れるコースということで、午後から家族の相手をするため最短の道を進みます。

よく整備された階段道を先に進みます。が、何も見えません。

麓から見えた電波塔。このあと更に上にも同じような大きさの電波塔が立っていました。

建設時の資材は担いで運び上げたんでしょうか…?

2つ目の電波塔を過ぎて少し進むと、一つ目の休憩ポイントである馬ノ背見晴台が見えてきました。

登山開始からここまでで40分。

雲に包まれて何も見えません!

予報は雨だったけど台風一過で山の上は晴れてると思ったのに!

2週間前の金峰山・国師ヶ岳でも大雨に振られ、今年は天気運が無いようです。

3. 山頂まで木々の中をひたすら登る

景色が全く望めないので、黙々と先に進むことにします。

馬ノ背見晴台を過ぎると傾斜がきつくなり、木の根と岩が剥き出しになった登山道をひたすら登る展開に。

なぜか登山道が一本ではなく数本に別れているところがありますので、注意しながら先を目指します。

途中の平坦地。天気が良ければ見晴らしもいいのでしょうが、今日は真っ白です。

登山開始からここまでで約1時間でした。

さらに木々の中の斜面を登ること25分、勢子辻分岐に到着。

ここまで来れば山頂まであと少しです。

ここへ来て急に、周囲からは鳥なのか虫なのか分からない鳴き声が響き渡るようになりました。

[QuestBlog]愛鷹山山頂手前の虫の声

蝉の季節には少し早いはずですが、この鳴き声は一体…?

答えはこの後山頂で知ることになります。

4. 視界ゼロの山頂へ

分岐からおよそ10分後、登山開始から1時間5分後の9:25、越前岳山頂に到着!

残念! やっぱり何も見えません!

富士山があるはずの方向も、ご覧の有様だよ!

仕方ないので持ってきたパンを齧りながら、雲が切れる瞬間を待つことにします。

すると背後から突然、けたたましい鳴き声が。

登っている途中でも鳴り響いていた鳴き声は、こちらの蝉のものでした。

高山帯に生息する蝉の一種でしょうか?

至近距離で一生懸命鳴き声を上げる姿を撮影することができましたので、動画で鳴き声をお聴きください。

[QuestBlog]愛鷹山山頂の蝉

蝉の声を聴きながら、山頂で待つこと30分。

一瞬のタイミングでも晴れ間が見えればと期待していましたが、雲が切れる気配はなく、体も冷えてきたので下山することにしました。

富士山が見えず残念! またいつか登頂する時は晴れますように。

5. 登ってきた道を引き返す

駐車場に車を置いてきているので、素直に登ってきた道をピストンで下山します。

山の事故は下山中のほうが多く起きていることを肝に銘じながら、慎重に一歩一歩足を下ろしていきます。

山頂を9:45に出発して30分後、平坦地に到着。

この辺りで登りでは降っていなかった大粒の雨が落ちてきたため、慌てて雨具に着替えます。

下山開始から50分後、馬ノ背見晴台に到着。

相変わらず景色は見えませんが、ここまで10人以上の登山客とすれ違いました。

雨の中でも多くの登山者が訪れる人気の高い山だということが分かります。

霧に霞む電波塔の脇を通り過ぎ、整備された階段を下っていくと…

駐車場が見えてきました! あと少し!

登山開始から3時間後、10:50に駐車場まで帰ってきました。

山頂での休憩30分を除くと、およそ2時間30分ほどで往復できた計算になります。

ここから車で家族の待つ箱根仙石原の宿までおよそ1時間、午前中のうちに登山を終えて宿に戻ることができました!

汗をかいた体に温泉がたまりません!

6. まとめ

いかがでしたか?

今回も天候には恵まれませんでしたが、晴れていればきっと雄大な富士山を間近で望めたことでしょう。

今回もスマホアプリのGeographicaでトラック記録を行いましたので、参考までに。

愛鷹山は日本二百名山ですが、調べてみると静岡の百山というものもあるようで、愛鷹山ももちろん静岡の百山に数えられています。

今回の登山で僕の登頂記録は二百名山:37/200、静岡の百山:8/100となりました!

十里木高原コースなら3時間足らずでカジュアルに登れる愛鷹山ですが、同じ山域には他にも多くのコースと山頂があり、登り方によっては全く違う姿を見せてくれるようです。

都心からも比較的近い山ですので、日帰りで登山を考えている方にお勧めしたい一山です!

  

タクロスは あしたかやまの きじを とうこうした!

1ポイントの けいけんちを かくとく!

Total exp:97  To next Lv:3

コメント