リアルクエスト鎌倉アルプス 深田久弥も歩いた歴史ある登山道を堪能!

旅行・登山
スポンサーリンク

こんにちは! 2021年のGWも自粛要請が出て遠出を控えているタクロス(@KTacross)です!

まさか今年も出歩くことに後ろめたさを感じるGWを過ごすことになるとは思いませんでしたね…。

しかし今年はGW中にどうしても済ましておかなければならない用事があり、有要有急の案件ということで一人、鎌倉へ行っておりました。

どこでも駐車できるように今回はバイクでの移動です!

せっかくの鎌倉ということで今回は、以前から気になっていた鎌倉アルプスに登ってみることにしました!

1. 鎌倉アルプスとは

鎌倉アルプスは鎌倉市内の建長寺から瑞泉寺までを繋ぐ天園ハイキングコースの別称です。

最高点は標高159mの大平山で、アルプスとは言っても気軽に登れる低山ハイキングとなります。

鎌倉観光公式ガイドHPより
【市内ハイキングコースの状況について】(4月20日更新) - 鎌倉市観光協会 | 時を楽しむ、旅がある。~鎌倉観光公式ガイド~

画像では2020年6月現在とありますが、今回歩いた2021年5月時点でも天園-瑞泉寺コースは台風の影響で通行止が続いていました。(祇園山コースについては未確認)

そのため今回は西側の建長寺付近からゴルフ場のある天園までのコースを辿ることにしました。

建長寺からのコースだと、拝観料500円がかかるということで、今回は…

鎌倉駅から見て丘の裏側にあたる今泉台口からのスタートとしました!

2. 歴史を感じる登山道を東へ進む

源頼朝が鎌倉幕府を開いた頃から古い本に記載があるという鎌倉の山。

今ではハイキング用に整備されていますが、長い年月で多くの人が歩いた道ということでその様子は歴史を感じるものでした。

日本百名山の著者・深田久弥も作家としてデビューした頃は川端康成などと共に鎌倉に住んでいて、遠くの山に行けない時は不満げに鎌倉アルプスを歩いていた時期があったそうです。

今泉台口から登ること1~2分で見えてくる鎌倉の街並み。

標高100mちょっとくらいしかないはずですが、湘南の海も望める景色のいい道が続きます。

10分ほどで小高い丘の上に到着。建長寺からの階段とこちらで合流となります。

写真右に見えるのが建長寺

谷が入り組み天然の要塞として発展した鎌倉の街並みが見渡せます。

3. 建長寺から大平山へ

ここからは尾根の上を歩くコースとなります。

今泉台口から天園まで、往復5kmの道のりですね。

何百年も前から多くの人が歩いてすり減ったと思われる岩の上を歩いて先に進みます。

何かの建物があったような跡。水を貯めて飲用にしたりしたのでしょうか。

十王岩と呼ばれる高台のようになっている場所。

木々に囲まれ景色は開けていませんでした。

弘法大使の像?がある岩室のような場所。

このような歴史を感じる人工物もハイキングコースの至る所に点在していました。

突如現れたロープと岩場スポット! 低山ハイキングとは言え、油断は禁物です。

ロープの部分を下から見上げてみました。

岩がすり減っているので、雨の日などは滑る可能性があり要注意です。

崩落を補修したような部分もありました。滑って落ちたら高山と同じで命の保証はありません。

苔むした岩の合間を辿っていくようなコース。すぐ下が住宅街とは思えません!

鎌倉時代の武士たちも雨宿りに使ったのでしょうか。

あいにく天気ははっきりしない感じでしたが、周囲からは多くの鳥の鳴き声が響き渡っていました。

階段状に削られた大きな岩を慎重に登っていくと…

今泉台口を出発して40分で、鎌倉市最高地点の大平山(159m)に到着です!

4. 大平山から天園へ

ここまでそれほど多くのアップダウンもなく尾根の上を快適に進んできました。

目下には湘南の海と鎌倉の街並みが。こうして見ると159mでも結構な標高差です。

山側には立派な駐車場と建物が。ゴルフ場関連施設のようです。

せっかく山深い道を歩いて来たのに、山頂からこういうものが見えると興ざめしてしまうのは僕だけではないはず…。

大平山直下の開けた草っ原のようなところを左手奥に進みます。

急な斜面に作られたゴルフ場を横目に天園を目指します。

丁度いいタイミングで公衆トイレ発見! 水洗で掃除もされており快適に利用できました。

トイレを過ぎて車も走れそうな舗装された坂道を登っていくと…

天園に到着です。出発からここまでちょうど1時間でした。

その名前の通り広い公園のようなスペースが広がっていました。

天園からの景色。稲村ケ崎方面が望めました。

ここからは瑞泉寺へ向かうコースのようですが、現在(2021年5月)は通行止めとなっています。

天気も崩れ雷も鳴ってきましたので、急いで引き返しました。

5. まとめ

いかがでしたか?

帰り道、大平山への登り返し

往復2時間弱のハイキングコースでしたが、鎌倉の街中にも関わらず奥山のような雰囲気を味わうことができ、思った以上に満足のいく山歩きが楽しめました!

時間があるとつい有名で標高の高い山を目指してしまいがちですが、こういう街に近接した低山ハイクもまた別の趣があって楽しいですね。

三浦アルプス沼津アルプスのように、日本の海岸付近にはアルプスの名が付けられた低山がいくつも存在していますので、いつかそちらにも挑戦してみたいと思います!

  

タクロスは かまくらアルプスの きじを とうこうした!

1ポイントの けいけんちを かくとく!

Total exp:174 To next Lv:76

コメント

タイトルとURLをコピーしました